2020年4月14日 (火)

今井選手に「風が強く吹いている(坂戸陸協から箱根駅伝へ!)」

M_20200410134oht1t50123

今井選手の素晴らしい知らせが舞い込んできました。

日体大卒業後、実業団(トライアスロン)に所属。現役を退いた後は教壇に立って生徒らを指導しつつ市民ランナーとして坂戸チームに所属。チームに圧倒的な爆発力を与えてくれた今井選手。なんと、この4月から駿河台大学の3年生として大学に入学(編入)し、陸上部の学生等と一緒に(自分も選手として)箱根駅伝への初出場を目指す!ということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・

 新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言発令で、各大学駅伝チームも活動を停止、自粛する厳しい状況の中、各校に新人が加わった。箱根駅伝初出場を目指す駿河台大には超異色オールドルーキーが入学。中学校の体育教師だった今井隆生(29)は「自己啓発等休業」制度を利用し、3年生に編入した。「もっといい先生になるために」心理学部で学びながら駅伝部入部。2年間限定で「箱根への道」を全力で駆ける。
 先行きが見えない春。熱血先生、いや、熱血すぎる先生が懸命に走り出した。埼玉・飯能市内の公立中学校の体育教師だった今井は、一学生に戻り、箱根駅伝に挑戦する。
 教員の「自己啓発等休業」の制度を利用し、駿河台大3年生に編入する決断をした一番の理由は、教師として成長するためだった。「担任したクラスの中で不登校の生徒がいました。私なりに一生懸命アプローチしたが、結局、生徒の力になれなかった。教師として力不足を実感した」。悩んでいた時、同じ飯能市内にキャンパスがある駿河台大に心理学部があることを知った。「今まで勉強していなかった分野を学んで、もっと生徒に寄り添える先生になりたい」と実直に話す。そして、久しぶりに大学生となる機会を生かし、封印していた“夢”にも挑戦する。
 大泉高時代は陸上部に所属し、将来の箱根駅伝出場を目標としていたが、そのレベルにはほど遠く、日体大入学後トライアスロンに転向。世界大学選手権に出場するなど活躍した。「その頃はトライアスロンに全力を尽くしていたので、箱根駅伝への未練はなかった。4年生だった2013年は日体大が箱根駅伝で30年ぶりに勝った。クラスメートに優勝メンバーもいたし、素直にうれしかった」と振り返る。卒業後も実業団でトライアスロン選手として活動。走力を磨くために参加した陸上の練習会で駿河台大の徳本一善監督(40)と知り合い、アドバイスを受けるようになった。
 16年にトライアスロン選手としては現役を引退し、埼玉県の教員となった。体育教師、陸上部顧問を務めながら市民ランナーとして多くの大会に参加した。勤務先の中学校が駿河台大と近かったため、休日は生徒を指導した後、同大学で練習を重ねた。「水泳と自転車はやはりパワーが必要で、トライアスロンの選手時代は体重59キロでした。ランだけに絞ったら52キロに減って一気に走力が上がりました」と笑う。18年の栃木・大田原マラソンでは優勝を飾った。いつしか、封印したはずの箱根駅伝出場という夢を現実的に考えるようになった。
 「駿河台大で心理学を勉強して、箱根駅伝にも一緒に出場しよう」。徳本監督の熱いエールが最終的に今井の背中を押した。

・・・ 

< 報知新聞 2020.4.11 より抜粋>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年の秋頃のこと、「坂戸陸協チームへの参加を表明してくれている5000mを14分台で走る選手がいるらしいヨ?」

「え?ウソでしょw」その時は本気にしませんでした。が、2017年の埼玉県駅伝、宮原小学校前の第一中継所において、逆光を背にして混雑した中継所に走り込んできた今井選手の走りは、私を驚嘆させるには十分な走りでした。

中学校の教員として教壇に立ちながら部活動で生徒らに陸上指導をしつつ、自らの走りを衰えさせることなく走力を磨きつづけた4年間、衰えない? むしろ進化しつづけて、学生時代よりも速くなった!

一昨年の大田原マラソンでは、強風の中、最悪の天候という条件下でありながら 優勝! の快挙、坂戸陸協のユニホームを着て、見事!優勝のゴールテープを切った姿が忘れられません。


20181123ootawara

2020年、今年の埼玉県駅伝では、コース変更となり最長区間となった1区を担当し、その爆発力を遺憾なく発揮してチームの4位入賞の原動力として活躍してくれました。

大学を卒業して何年も経過、普通であれば選手としてのピークを越えて引退を考えるような年齢にもなろうという選手が、ふたたび大学の門をくぐって、その大学の箱根駅伝への(初)出場を本気で目指すことになるとは。

 

風が強く吹いている

そういえば、そんなタイトルの夢のような映画がありました。落ちこぼれの陸上部男子寮のダメダメな陸上部員が本気で箱根駅伝の出場を目指す映画。そんなあり得ないフィクション映画をはるかに超越するような奇跡に挑む、我らが今井選手のチャレンジに心よりエールを送りたいと思います。

                    おかうち

2020年3月 9日 (月)

2020年 埼玉県駅伝大会報告

Tasuki01

今回も早朝から役員の皆様にはサポートにあたっていただきました。総勢で20名の暖かいご支援に対しまして、心から感謝を申し上げます。

                 2020年2月2日
            坂戸市陸上競技協会 

 

 

1 今回の結果

 

Kekka001

 

2 選手及び中継所役員、協賛

Kekka002

3 総括

今年は、男子Aがこれまでで最高位の4位入賞、女子は初の入賞を飾りました。2チームの入賞というのもこれが初めてです。選手の皆さん、お疲れ様でした。そして、サポートにあたっていただいた役員の皆様に御礼を申し上げます。
今年も「市町村男子の部」(6区間42.195キロ)で2チーム、「一般・高校女子の部」(5区間20.5キロ)で1チーム、合計で3チームが出場しました。
男子Aは、1区2位の好スタートをうまく波に乗せて、最後まで安定した地位をキープして4位でゴールすることができました。しかも、3位との差はわずか17秒でした。女子は4回目の出場で、高校チームと競り合う中8位に入りました。一般チームとしては最高位です。選手一人ひとりのレベルアップが図られたことやアクシデントに備えて走れる態勢を作れたことに加えて、一体となったチームワークが奏功しました。
 選手の皆さんには、これからもワンランク上を目指しながら走ることの喜びを持ち続けていただきたいと思います。役員の皆様には今後とも暖かいご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

Saitamakenekiden_2020

 

大会動画「第87回埼玉県駅伝(坂戸陸協PV)」


 

2019年2月12日 (火)

2019年 埼玉県駅伝大会報告

今年も早朝から役員の皆様にはサポートにあたっていただきました。総勢で18名の暖かい応援に対しまして、心から感謝を申し上げます。
                 2019年2月3日
            坂戸市陸上競技協会 
                    森脇康行
1 今回の結果
Kekka_1
2 過去の記録一覧
Kako_kekka_2
Kako_kekka_3 
Kako_kekka_4
3 選手及び中継所役員、協賛
Kako_kekka_5
4 総括
今年は「市町村男子の部」(6区間42.195キロ)で2チーム、「一般・高校女子の部」(5区間20.5キロ)で1チーム、合計で3チームが出場しました。
男子のAチームは、2時間17分04秒で6位に入賞しました。3年連続で、6度目の入賞です。昨年より3分11秒短縮し、大きな飛躍が見られました。一方で、順位は1つ後退しました。これは、競合するチームのレベルが大きく上がったためと思われます。それでも、5位との差はわずか18秒です。各区間で3秒を削り出せば並べる差です。今後の取り組みに期待します。
男子のBチームは、2時間28分05秒で、16位でした。初めての2チーム参加でしたが、確実にタスキをつなぐことができました。
女子は3年続けての出場で、1時間20分42秒の13位と、大きく記録を伸ばしました。また、高校チームを除いた一般の中ではトップを占め、陸協チームの牽引役を果したといえます。   
 選手の皆さんには、これからも切磋琢磨しながら駅伝の楽しさを実感していただきたいと思います。そして、役員の皆様には更なるご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
深謝。

大会動画「坂戸陸協PV(第86回埼玉県駅伝)」



620Img_81786_21

2019年1月31日 (木)

第17回 奥むさし駅伝

Img_8089
 
第17回 奥むさし駅伝
駅伝シーズンイン!
年間主要行事(2大レース)のひとつ、奥むさし駅伝に参加しました。
非常にレベルの高い大会であり、翌週に迫った埼玉県駅伝の前哨戦となる大会です。
埼玉県駅伝には男子2チーム、女子1チームでの参加となります。
その前哨戦となる本大会にも男子2チームーでの参戦となりました。

■選手紹介
1区
柳原選手(A)馬橋選手(B)
A1
柳原選手は埼玉県駅伝でも1区スタートを担当されます。奥むさし駅伝の1区は3年前に坂戸チームデビュー戦でも担当されました。レースの流れをつくる重要な役どころとなります。
B1
馬橋選手、去年は4区下りの短い距離を担当されましたがことしはBチームのエース区間抜擢です。頑張れ!
2区
泰紀選手(A)新井選手(B)
A2
ことしも見られました! 元R大コンビによる襷リレー♪ なんか、いいんだよなぁ~
B2
そして坂陸のスーパーサブ(秘密兵器)新井選手のデビュー戦ですね♪
3区
橋本悠選手(A)田島選手(B)
A3
坂陸自慢の駅伝ツインズ!! 去年の県駅伝では4区で区間2位、速い!
B3
田島選手、なんと、デビュー戦が登りの3区に起用ということで・・ファイト!
4区
橋本健選手(A)菅野選手(B)
A4
待ちに待った!?ツインズ襷リレー! イイね♪
健利選手、今年は県駅伝デビューとなりますネ!
B4
菅野選手、坂戸チームのデビュー戦は3区の上り区間担当でしたが今回は4区。今年は指導者としての実績が(中学駅伝優勝!)有名となっています!
5区
浩也選手(A)中村選手(B)
A5
速い!かつ距離耐性も優れる坂陸の生え抜きだぁ~~!! が・・・・

インフル明けということでその体調が心配される浩也選手。
今日は無理せずいってみよう~(写真は去年のそれw)
B5 
中村選手、坂戸デビュー戦です。廣田選手や森山選手とおなじカテゴリー
(中距離選手)スピードスターです。期待してるゼ!
6区
川嶋選手(A)高橋選手(B)
A6
川嶋選手、山下りのスペシャリストとして箱根を区間4位!!
今回も下り最長区間を担当で爆発的な走力を発揮! ^^;w
B6
オクムといったらテル選手! 県駅伝は10年表彰受賞♪ 
今回は満身創痍での出走でしたが、ここはチームのために、無理を押して(ほどほどに^^;)ファイト!
Aチーム 21位(2時間07分37秒)
Bチーム 72位(2時間22分04秒)

大会の様子(Youtubeアップ動画を多数引用し)編集しています。
ぜひ、ご覧ください。
https://youtu.be/4M3SpWIAcrs
 

2019年1月16日 (水)

埼玉県駅伝への挑戦!(2011~2016)

いよいよ、駅伝シーズンの到来ですね!
坂戸陸協メンバーの今シーズンの仕上がり具合は如何に?

去年参加していた県南駅伝は・・・あれ?去年で終了なのか? ^^;

メンバーの仕上がり具合が気になることろですが、きっと順調にトレーニングが積み上げられていることでしょう。

ちょっと楽しみです。

さて、表題についてですが、これまで参加(応援)して撮影してきたそれを編集してみました。
高橋主将、佐藤邦選手らがしっかりと繋いできた襷を
廣田選手、田川選手、平山選手がさらに繋ぎ

菅野選手、森山選手、浩也選手と受け継いできたんだぁ~~ 
そして、表舞台を支える裏方(下支え)の理事&スタッフの皆さんに感謝!
・・・と。 
駅伝の醍醐味は、選手だけでなく、選手&スタッフが一体となって挑戦していくところだなぁ~とか。感じ取っていただければ幸いです。

2018年12月30日 (日)

埼玉県駅伝(中学校の部)で優勝!!

86chuugakuogawa

今井選手の大田原マラソンでの優勝の喜びに加え、さらにもうひとつ菅野選手も優勝されてました!
記事のアップ、遅くなりましたが、菅野選手(先生)おめでとうございます!!

坂戸陸協長距離ブロック駅伝チームのメンバーとして埼玉県駅伝の5区および6区(アンカー)として力走して下さった菅野選手(先生)の指導するチーム(小川町立東中学)が、11月4日の埼玉県駅伝中学校の部で優勝されました。

埼玉県駅伝のホームページに大きく写真入りで掲載されています。

凄いことだと思います。

力走された選手の皆さん、そして熱心に指導された菅野先生!

坂戸市陸上競技協会長距離ブロック駅伝チームを代表して(勝手に代表して?^^;)お祝い申し上げます。

2018年11月23日 (金)

大田原マラソン優勝!!

今井選手、大田原マラソンで、なんと! 優勝です!
30km以降は強風の向かい風という悪条件を跳ねのけて、最後の最後、競技場トラックでの逆転勝利でした。

2018年2月 4日 (日)

2018年 埼玉県駅伝大会報告

2018年埼玉県駅伝大会 報告
今年も多くの役員の皆様にきめ細かいサポートにあたっていただきました。総勢で20名の暖かい応援に心から感謝を申し上げます。
                  2018年2月4日
     坂戸市陸上競技協会 森脇 康之
Dsc05073_2
1 今回の結果
Houkoku1
2 過去の記録一覧
Houkoku21
Houkoku22
Houkoku23
3 選手及び中継所役員、協賛

Houkoku3
4 総括
坂戸市陸上競技協会は今年も「市町村男子の部」(6区間42.195キロ)と「一般・高校女子の部」(5区間20.5キロ)にそれぞれ1チームずつ出場しました。
男子は、2時間20分15秒で過去最高の5位に入賞しました。15回連続出場して、5度目の入賞です。昨年と比べると、3分10秒短縮して5つ順位を上げました。1区を4位でタスキをつなぐと、以後4位から5位の間で走り切りました。3区と5区の長丁場を含めて、どの区間にもウイークポイントがなかったことが結果につながったと考えます。
女子は2年続けて出場し、今年も確実にタスキをつなぎました。この部門に参加する陸協チームはまだ少ないところ、本駅伝大会の活性化につながれば幸いです。   
 選手の皆さんには、今後の取り組みに期待するとともに、役員の皆様の更なるご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
     ◆午前9時現在の気象コンディション(さいたま市) 
              気温3.8℃、晴れ、北西の風1.6m
     ◆参加チーム数
           第2部(市町村男子の部)で24チーム
         第4部(高校・一般女子の部)で30チーム
                                      以 上

Img_3910_2


大会動画[第85回埼玉駅伝2018(坂戸陸協)]
■坂戸市長へ報告 2018.2.5
 
菅間副会長と一緒に、市長に報告しました。
男子の入賞だけでなく女子も頑張ったんだ、と話したら市長も喜んでくださいました。  (岡田)

Sakadoshi_houkoku
 
■(株)丸幸(清水社長)様より激励(労い)メッセージ
チームの駅伝ユニホームをご提供下さっております(株)丸幸の清水社長より森脇監督宛てのメッセージです。
 
~ ご健闘おめでとうございます! 読売の朝刊に結果が掲載されていました。また松山高校出身のアルバイト学生が若葉グリーンメイトでお世話になっており、埼玉駅伝のプログラムをいただきました。ありがとうございます! 清水 ~
 
 

2018年1月28日 (日)

第16回奥むさし駅伝

_ss_2
坂戸陸協 長距離ブロック 駅伝チーム(男子)
いよいよ始まりました! 2018年の公式(主要)駅伝行事である奥むさし駅伝への挑戦です。1週間後に迫った埼玉駅伝にむけての前哨戦となる大会です!
■選手紹介
1区 9.8kmのエース区間を担当するのは坂戸陸協チームでの公式レース初参戦ではありますが、DREAMチームで活躍されており、WGMのオープン行事(高麗川30K)などにも参加してくれています川嶋選手です。
写真は先日の県南駅伝にて撮影
Dsc05024_s_2
2区 5.4kmを担当するのは、こちらも坂戸陸協チーム公式レース初参戦となる、ツインズ橋本兄弟の健利選手です。橋本兄弟の悠利選手は翌週の埼玉駅伝でのデビューとなります。

写真は1区の川嶋選手からのタスキ中継
Vlcsnap2018012915h42m37s703

話が横に逸れますが、最近?駅伝ブーム?なんでしょうか、TVで武井壮司会による駅伝バラエティーのような番組を見たんですが、駅伝界には、どういう訳だか知らないがツインズ(双子の選手)が多い・・・ということでした。w
宗兄弟がもっとも有名ですが、箱根の山の怪物である柏原選手もツインズですし、今を時めく設楽兄弟、大東大の市田兄弟、同じく大東大の女子の福内選手もツインズだそうですね。
今年は奥むさし、埼玉と、別々に出走されますが今後のツインズとして襷をつなぐ様子(大会参加)がとっても楽しみですネ!

3区 4.3kmの山上り区間を担当するのは去年5区を担当(デビュー)した佐藤泰紀選手です。身体、絞れています(好調です!) もともと下りよりも上りに強い!ということでした。埼玉駅伝では、アンカー(6区)を担当されます! ファイト!

Vlcsnap2018012911h47m24s937_r

4区 4.5kmの山下りのスピード区間を担当されたのは、こちらもデビュー戦となった馬橋選手です。陸上を始めてから1年未満でありながら5000mベストタイムが16分半(半年で自己ベストを2分以上短縮している?)ということで、進化の真っ最中です。

ごめん・・ アップの写真が撮れなかった ^^;
写真は第5中継所で浩也選手に襷を渡した直後の様子
Vlcsnap2018012911h12m23s139_r_2
5区 下り5.2kmは浩也選手が担当しました。おそらくは、埼玉駅伝の2区(3km弱のスピード区間)を意識してのオーダー変更? なのでしょう。今回の駅伝での下り区間を利用しての攻めの走りは、埼玉駅伝にむけてのスピード練習、良きシュミレーションになったことでしょう!
Vlcsnap2018012911h13m11s484_r

6区(アンカー) 復路の準エース区間、9.3kmは柳原選手がアンカーとして走られました。埼玉駅伝でも5区(準エース区間)を担当されます!

Fullsizer_9_s

以上の6名で襷を繋いだ今大会、これまでにない好タイムでゴールすることができました。

_ss_3

2時間9分9秒(前年実績 2時間12分56秒)

順位についても、実業団や大学チームと同じ括りのハイレベルな大会でありながら29位という過去最高の順位であり、埼玉駅伝に出場する市町村チームの中では、さいたま市、滑川町に次ぐ第3位の成績でした。

さあ! 来週は埼玉駅伝だ!

行くぞ~ 待ってろヨ~~ ^^

2018年1月 7日 (日)

県南駅伝(朝霞中央公園陸上競技場)にて応援の練習?

Dsc05034_s
新年 2018年1月7日(日)
第60回県南駅伝に坂戸陸協チームがエントリーしてる?
駅伝といえば、奥むさし駅伝と埼玉駅伝、あと川越市民駅伝くらいしか意識していませんでしたので、県南駅伝って? なに? どこで?
ネットで調べたうえで、朝霞中央公園陸上競技場まで応援(撮影)に行ってきました。
 
Dscf2123_s Dscf2127_s
あれ? 
なんだ、なんだ! 
知った顔が大勢でした!w
陸協男子チーム(柳原監督)、若葉レディース(清水監督)、佐藤会(陸協女子)、うしろぐちRC(後口監督)、川嶋会(川嶋監督)、他
 
Vlcsnap2018010719h44m53s358 Vlcsnap2018010719h42m30s527 Vlcsnap2018010723h56m49s298
Vlcsnap2018010720h33m46s617 Vlcsnap2018010720h59m33s462 Vlcsnap2018010721h46m32s409
Vlcsnap2018010722h12m08s930 Vlcsnap2018010719h43m38s268 Vlcsnap2018010723h33m20s075
Vlcsnap2018011222h08m24s185 Vlcsnap2018011222h08m02s575 Cimg4419_s 
Cimg4412_s Cimg4417_s Dsc05024_s 
私は・・・新しく入手した撮影機材を使っての撮影テスト(練習)でした。
新年早々、絶好の駅伝日和の下、みなさんナイスラン!
 

«第90回関東陸上競技選手権2017