« 登録選手の活動状況(埼玉駅伝選手選考資料) | トップページ | 平成25年度の活動内容の打ち合わせ »

2013年1月20日 (日)

第80回 埼玉駅伝の観戦記

2013012114360002_s

埼玉駅伝は箱根駅伝に次ぐ歴史の古さをほこり今年で第80回の開催となります。

箱根駅伝を走っている埼玉県出身の大学生の大半が埼玉駅伝を走っています。日体大の服部キャプテンと駒沢大の後藤田選手は埼玉栄高校時代に、東洋大の設楽兄弟は武蔵越生高校時代に出走しています。(多分?^^;) 間違いなく日本有数の駅伝大会のひとつです!

その埼玉駅伝ですが今年は第80回記念大会として(かどうかは判りませんが?)コースが大きく変更されリニューアルされた大会として実施されました。

これまでは寄居の(埼玉北部からの)スタートでゴールを上尾陸上競技場としていました。また男子については実業団や大学などの一般を1部、市町村を2部、高校生を3部として、1部については寄居スタート、2部と3部は深谷からのスタートとしていました。今年はさいたま新都心をスタートとして南から北に向って走り、ゴールを熊谷の陸上競技場とします。そして、一般、市町村、高校生が同時スタート!となりました。

ということで、今年も所属する坂戸陸協の駅伝チームのスタッフ(広報)として、埼玉駅伝の応援をしてきました。坂戸陸協チーム、過去最高の布陣で念願の10位入賞にむけての挑戦となります。

広報(写真撮影)活動の作戦としては、極力全員(1区から6区)までの選手の走る姿を撮影したいので、事前に綿密なる中継所の移動応援計画を練りあげました。幸いにしてすべての中継所が高崎線の駅前か、あるいは駅から1km程度の場所に設定されています。

最初の応援場所を宮原駅から1kmの位置にある第1中継所としました。先頭ランナー到着時刻が8時49分、事前予想どうりです。

宮原での第1中継所の様子

先頭ランナーより遅れること2分35秒! チーム最年少の鈴木HIRO選手! 市町村の部、区間6位の力走で、次走者の廣田選手にタスキをつなぎました!

Cimg1698mov_snapshot_0239_20130120_ 

さて、先頭走者通過から3分程応援してから次の中継点に移動するために小走りで宮原駅に向いました。 予定より1本早い電車(9:01)に乗れました。^^ 次の場所は鴻巣駅前の第3中継所です。 

さて、次の写真は第2中継所の上尾駅前のものです。

毎年中継所スタッフとして参加くださっている松本さん、そして平山選手による撮影となります。(平山選手、今回エース区間を走る予定でしたが故障のためDNSとなってしまいました。残念!)

30097_2 

Dsc04126_s

電車での移動応援(わたし)のほうは、鴻巣中継所、予定より早く到着できたので女子のスタートを見ることができました。 

Cimg1701mov_snapshot_0032_20130123_

男子の先頭の通過予想時刻は9時35分です。実際にトップの東京国際大学のLEUL GEBRESILASE選手が通過した時刻は9時36分でした。

Cimg1702mov_snapshot_0036_20130123_   

第3中継所では、3区最長区間を走る各チームのエース選手の走りを観戦することができます。一般の部でエントリーしている埼玉県庁チームはこの人、

川内選手! ^^ トップから3分遅れ、区間2位の力走(日本人1位?^^;)で通過です。

Cimg1702mov_snapshot_0351_20130122_

先頭から遅れること10分、鈴木(寿)選手です! 

Cimg1702mov_snapshot_1106_20130120_   

今シーズンは必ずしもベストコンディションではない状況にありながらも、短い距離でのエントリーということで入念に調整されていましたが・・・。

大会前夜の区間変更! 無理を押しての出走はエースとしての責任感! その潔い力走に拍手!です。^^

鴻巣での第3中継所の様子

坂戸陸協チーム、鈴木選手の通過を待ち、鴻巣中継所を後にして次の場所である熊谷中継所に移動しました。(鴻巣駅9:57発 籠原行き、熊谷駅10:12着)

さて、鴻巣で鈴木選手からタスキを受け取った森山選手、今回の駅伝ではスーパーサブとしてエントリーしていましたが、エース平山選手の欠場をうけて急遽走ることになりました。大会前夜の、突然の出走決定! しかも最初の連絡ではエース区間(11km超)を走るということで伝令があり、1500mをメインフィールドとしているのに!? 

・・だったのですが、短かめの区間にエントリー変更 ^^ 逆風をついて区間8位の力走でした!

18346295

力走中の森山選手の写真が入手できていません。上はイメージ画像? ^^

熊谷女子高前の中継所、まだ先頭ランナーが通過していません! (余談ですが、今回の電車での移動応援計画、バッチリでした。^^)

やがて女子のトップ通過、ほどなくして男子トップの八千代工業の選手が通過です。速い! 八千代工業はニューイヤー駅伝の常連チームであり実力が抜きん出ています。^^

去年は、実業団や大学の一般の部と市町村の部はコースが異なっていたこともあり、市町村の部を走る(我々)チームは、高校生のトップチーム、埼玉栄高校から15分以内であればタスキが繋がりました。今年は、トップの八千代工業から遅れること15分・・・ということで、白タスキを免れるための条件が一段と厳しいです。その八千代工業が(外人選手が)すんごい勢いで走ってきました 笑)

Cimg1704mov_snapshot_0000_20130123_

熊谷女子高前の第5中継所の様子

我らが坂戸陸協チーム、去年までなら(高校生トップとのタイム差であれば)タスキは繋がったのですが、今回、準エース区間、10km超のコースを力走された菅野選手の目の前で無念の白タスキスタートとなってしまいました。 

Cimg1704mov_snapshot_1507_20130123_   

菅野選手、ライバルチームの選手に競り勝ち(同タイムですが順位は上です!)5区中継地点に駆け込みました! 区間順位5位の力走でした!!!

Cimg1704mov_snapshot_1539_20130122_

6区、最終区での白タスキ一斉スタートとなりましたが、アンカーの高橋選手、チームのキャプテンですが、今シーズンは故障もなく順調に調子を上げています。この日も最高の走りで最後を締めてくれました!

そして、埼玉駅伝を走った回数が高校生として参加した回数を含めて今年で通算10回となります。功労選手賞と10位入賞のダブル表彰として、岡田コーチと一緒に表彰式に参列となりました。^^

Img_0088

Img_8378   

高崎線を移動しながらの埼玉駅伝応援観戦、なかなかに楽しかったです。チームの入賞と楽しい懇親会(反省会)も嬉しくて。

ただ、広報担当としての写真撮影がイマイチで・・・ ^^;

Cimg1711_s

写真は10位入賞の表彰状を手に最高の笑顔の鈴木HIRO選手です。

今回の大会、1区でチームに勢いをつけてくれた浩也選手がヒーロー賞!?かな? ^^

##追記## 

反省会(懇親会)の一場面、10位入賞の結果判明の顛末?です。^^;

« 登録選手の活動状況(埼玉駅伝選手選考資料) | トップページ | 平成25年度の活動内容の打ち合わせ »

大会・レース報告」カテゴリの記事